酵母について

 先週は営業出来ずご迷惑をお掛けしました。残念ながら今週も営業の目処が立ちません。申し訳ありません。

天豆のチラシにも書いてありますが、酵母は瓶でレーズンを水に浸し夏場は三週間程、冬場は一月半程かけて作っていきます。これを酵母エキスとして毎週少量づつ使い小麦全粒粉を加えて元種を起して行きます。エキスはひと瓶でだいたい一月半位は使用できる事が多いです。それでも念のためにと早め早めに新しい酵母を準備して行きます。

 今回は酵母が12月初め頃より徐々に膨らみが弱く、酸味が強くなってきました。新たに作ってある酵母がなかなか良い状態にならない為、前の酵母を調整しながらパンにしていましたが、限界を感じ止めにしました。

新しい酵母はもう一月半は経つので期間的には良いはずなのですが見た目と味がいつもと違い元種に起してもブクブクと発酵しません。熟成が足らないのか、レーズンに着いている酵母の元になる菌が合わないのか、今の気候状況が酵母に適さないのか?その辺が分かりません。日を開けながら元種起しを試して行きたいと思います。

更に新しい酵母は準備していますが、使えるようになるのは一月位先になりそうです。

営業出来ず 空いた時間を使い母屋の屋根を自分で葺き替えました。下地の材木が一部腐っていてそこは打ち直しました。このタイミングで屋根工事が出来て良かったです。後はトヨ付けが終ればバッチリです。

 薪になる木があるから取りに来ないかなんて話も丁度良くあったりしてやる事話たくさんあって有難いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です